ニキビ跡 栄養

MENU

ニキビ跡を改善するための栄養素・ビタミンや食物繊維を摂ろう

ニキビ跡を改善するために最も重要なのが肌の代謝を上げることです。
代謝を上げることで古いメラニン色素が排泄されて、ニキビ跡のシミが薄れていく効果が期待できます。

 

(ちなみにニキビ跡治療のために美容皮膚科に行くとピーリングをすすめられるのは、この肌の代謝を上げるためです)

 

お肌の代謝のために良い栄養成分というと、ビタミンBがあります。
ビタミンBの中でもビオチンは肌や粘膜のダメージを修復してくれたり、肌細胞の新陳代謝を活発にしてくれたりといった作用があるので、積極的に食べたほうが良いです。

 

具体的に私がどんなものを食べていたかというと、トウモロコシとか卵、イワシなど。

 

しかし、いくらビタミンBを積極的に食べても、体内に毒素が貯まるとニキビができやすくなりますし、ニキビ跡もなかなかなおらないので、私がおすすめする栄養成分は「食物繊維」です。

 

食物繊維を多く含む食材ってたくさんあります。

 

海藻類もあるし、野菜類でもサラダでよく登場するレタスなどは食物繊維が豊富なので、毎日たっぷり食べると良いと思います。

 

食物繊維を毎日食べることによって、慢性的な便秘でもスッキリしやすくなりますし、便秘が解消できれば腸内環境が改善されて、毒素が作られにくくなります。

 

つまり、肌にとってもプラスの効果が期待できます。

 

実際、便秘が続くと肌はくすみやすくなったりニキビができやすくなったりするし、毎日スッキリしていたほうが肌の透明感もアップします。それに、新陳代謝も活発に行われるような気がするので、ニキビの気になる跡も目立たないような気がしました。

 

具体的にどんな食生活が良いかというと、あっさり系の食事がおすすめですね。
中華などコッテリしたものが大好きな私ですが、食べ物を見直してあっさり系の和食を出来るだけ積極的に食べるようにしたところ、肌の調子がかなり良くなりました。

ニキビ跡を改善するための栄養素・ビタミンや食物繊維を摂ろう関連ページ

意外と侮れない?!睡眠が重要な理由とは?
ニキビの跡を改善したい時はついつい化粧品のみに頼りがちです。しかし、スキンケアだけでは十分ではありません。何と言っても大切なのは、生活を見直すことです。その中でも重要なのが「睡眠時間」だと思います。