ニキビ跡 赤み 美容液

MENU

にきびの赤み・クレーター肌に本当に良い美容液を探したい!

ニキビ跡や赤みを消したい・・・。
でもどんなケアをして良いのか分からない・・・とお悩みではありませんか?

 

私自身、10代の頃からニキビができやすく、20代に入ってからは大人ニキビとなり、それが20代後半になってからはニキビの跡として残ってしまいました。

 

ホームケアの基礎化粧品から美容皮膚科での治療まで、色々な方法を試し、現在では気にならないくらいのところまで改善しています。

 

スキンケアは、肌に合ったものを見つけたら、化粧品ジプシーをするよりは同じものをずっと長期間継続したほうが肌にとっては良いと思います。

 

当サイトでは私がニキビ跡に悩みながら実践しつつ、効果の出た基礎化粧品や、ライフスタイルの見直し方についてご紹介しています。

 

あなたのニキビ跡ケアの参考にしていただけましたら幸いです。

 

私が今まで使った美容液で一番ニキビ跡と赤みに効果的だったのが、薬用アクレケアです。

 

 

あなたのニキビ跡はどのタイプ?

ニキビ跡といってもいくつかタイプがあります。
どんなタイプの跡になるのかは自分で選ぶことができないので、
ニキビができた後に跡が残ってショックを受けるということが多いような気がします。

 

ニキビ跡の種類と対処方法

 

 

赤みが残るタイプ ニキビは落ち着いたものの、赤みだけがずっと残るタイプです。

時間はかかるものの、自然と消えていくことが多いです。
ビタミンC誘導体の化粧水などでじっくりとお手入れを続けていくことが大切です。
赤みはメラニンではないので一般的な美白コスメでは効果がありません。

色素沈着のシミが残るタイプ ニキビが赤く炎症を起こしてなかなか収まらない場合に、特にあご周辺は色素沈着タイプの跡が残ってしまうようです。

日焼けをしてしまうと色が濃くなってしまうので日頃のケアが重要です。
美白コスメとピーリングが有効です。

クレーター(凹凸)が残るもの ニキビの跡の中でもかなり厄介なのは、クレーターのように肌が凹凸になってしまう跡です。

これは、ニキビの炎症が肌の内側に広がって、真皮層までダメージを受けてしまう事で起こる跡です。
完全に治すことはなかなか難しいとされていますが、クレーター(凹凸)専用の美容液でのホームケアと、美容皮膚科でのフラクショナルレーザーやケミカルピーリングなどの治療との併用で目立たなくなるところまで改善することが可能です。

 

 

ニキビ跡のホームケアに最適なのは?

 

ニキビができやすい私はすべての種類の跡ができていました。
赤みやシミみたいな跡はコンシーラーで消すことはできても、
やっぱり普段のメイクでは面倒だし、
スッピンになるとそういうトラブルも分かってしまいます。

 

ニキビ跡は赤みとして残ってしまう事もあれば、シミのように茶色っぽく
残ってしまう事もあります。
これは肌の表面は特に凹凸があるわけではなく、色の問題なので、
普段のスキンケアで少しずつケアしながら、
普段のメイクはコンシーラーで隠す方法が一番だと思います。

 

それに対して、凹凸クレーター跡ができてしまうと、
完全に目立たなくするにはかなり時間がかかるので、
気長に根気よくケアしなければいけません。

 

根本的に新陳代謝を活性化して目立たなくするのが
最善ではないでしょうか。
消す、なくす・・・というより、目立たなくする事をまずは目指しましょう!

 

クレーター跡用の美容液で目立たなくする事も可能ですので、
お肌に合うものを見つけたら、諦めずにじっくりと使い続けることも重要です。

 

私も魅力的な商品(美白ケアタイプとかアンチエイジングタイプなど)が
出るたびに心を動かされてしまいますが、やっぱりニキビとか跡にとっては
ニキビケア用のものが一番合っていることが最近になってようやく分かりました。

 

ニキビケア用のスキンケアだと、新しくニキビを作らないように
できるだけでなく、新陳代謝を活性化して跡も目立たなく出来るので、
一石二鳥の効果が期待できると思います。